×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

任意後見弁護士ドットコム

財産管理契約条項の例

 財産管理契約は、本人同士の自由な契約に基づくものであり、法律上も特に定まった方式があるわけではないため、主として財産管理契約契約書により内容が定められることになります。

 以下、財産管理契約に含まれる代表的な条項の一部を挙げておきます。最終的には細かい部分の追加が必要な案件がほとんどですので、専門家へのご相談をお勧めいたしますが、参考にしていただければ幸いです。
 詳しくは下記の各条項をクリックしてください。

・任意後見契約との関係
・委任事務の範囲
・証書等の引渡し等
・費用の負担
・報酬
・報告
・契約の変更